尾道正家 | 三原正家

天平時代から千三百年つづく尾道の旧家其阿彌家。備後三原派の刀匠や刀鍛冶に関する歴史的資料を公開している公式サイトです。

ロケマップ 東京物語と朝ドラてっぱんの舞台 尾道 クリックするとPDFで表示されます

朝ドラてっぱん

鼓岩(とうとう岩)/オープニングのてっぱんダンスの場所:尾道市東土堂町14

尾道駅/田中初音が電車を待っていたJR尾道駅:尾道市東御所町1-1

尾道市公会堂/尾道第一高校吹奏楽部定期演奏会の会場:尾道市久保1丁目15-1

御袖天満宮/最終回にあかりの父と母がてっぱんダンスを踊った場所:尾道市長江1丁目11-16

村上鉄工所/あかりの実家 村上家:尾道市向島町中富浜

土堂突堤(土堂第2防波堤)/あかりが飛び込んでトランペットを拾った場所 ×:尾道市土堂1丁目

三重塔/あかりが生みの母の事を教えてもらった場所:尾道市東土堂町16

尾道渡船/あかりが通学に使うフェリー:尾道市向島町兼吉

尾道第一高校(土堂小学校)/あかりが通う高校:尾道市西土堂町6-44

大山寺/隆円住職のお寺:尾道市長江1丁目11-1


東京物語

平山家/平山家のモデルになった家:尾道市東土堂町19-18

旧筒湯小学校/香川京子(京子)が勤める小学校の校舎から、原節子(紀子)の乗る列車を眺める場面:尾道市東久保町20-14

竹村家と栗吉材木店の看板/映画の冒頭の栗吉材木店の看板が見える通りを、小学生たちが学校へ向かっている場面:尾道市久保3丁目14-1

浄土寺/笠 智衆(周吉)と原節子(紀子)が尾道水道を眺めながら語っている場面:尾道市東久保町20-28


昭和28年夏、故郷尾道から久しぶりに東京に出てきた老夫婦だが、子供たちには歓迎されない。そんな中、戦死した息子の未亡人だけが親身になってくれる… 戦後日本の変わリゆく家族の関係を描き出した小津監督の名作「東京物語」。尾道・東京のニ都物語