尾道正家 | 三原正家

天平時代から千三百年つづく尾道の旧家其阿彌家。備後三原派の刀匠や刀鍛冶に関する歴史的資料を公開している公式サイトです。

脇指銘 いちじょう

室町時代初期、日蓮宗の大覚大僧正が備後国の水呑にあった三原の刀鍛冶の兄弟の宅に宿泊され、その後、帰依した兄弟は、一乗妙性、一乗本性と名乗りました これが、法華三原派の起こりです