尾道正家 | 三原正家

天平時代から千三百年つづく尾道の旧家其阿彌家。備後三原派の刀匠や刀鍛冶に関する歴史的資料を公開している公式サイトです。

文政四年(1821年)尾道町絵図 鍛冶屋町「赤枠部分」 拡大版を表示

鍛冶屋町の現在の位置「赤枠部分」 拡大版を表示

明治の頃の赤枠の旧鍛冶屋町の広さは、およそ5920坪でした   当時の鍛冶屋町は、現在の尾道市東土堂町から十四日元町(とよひもとまち)にまたがっています