尾道正家 | 三原正家

天平時代から千三百年つづく尾道の旧家其阿彌家。備後三原派の刀匠や刀鍛冶に関する歴史的資料を公開している公式サイトです。

かんもんすかしつば

備後国 江戸中期 鉄地真丸形毛彫布目象篏 縦横80mm 切羽台厚さ5.7mm

拵に装着した際の美観を考慮し、耳際に一筋の鉄肌を活かし、耳の周囲には金で網目状の布目象篏を施しています。