尾道正家 | 三原正家

天平時代から千三百年つづく尾道の旧家其阿彌家。三原派の刀匠や刀鍛冶に関する歴史的資料を公開している公式サイトです。

In the Tenpyo period(729-749A.D.), Masaie the first was a swordsmith who lived in Onomichi in bingo province in Japan.
初代正家は、天平時代(729-749)に日本の備後国尾道で刀鍛冶をしていました。

Masaie the sixth is a swordsmith who founded the Japanese sword Yamato den Mihara school.
六代正家は、日本刀大和伝三原派を興した刀鍛冶です。

In the late Kamakura period(1300-1333A.D.), Masaie the sixth lived in a place surrounded by a dark brown line called Nakanodan of the Onomichi in bingo province in Japan. Also, at that time the blue part was the sea.
六代正家は、鎌倉時代末期(1300-1333)に日本の備後国尾道でNakanodan と呼ばれるこげ茶色の線で囲まれた場所に住んでいました。また、当時、青色の部分は海でした。

Welcom to Onomichi City, Hirosima Prefecture in Japan.     ようこそ、広島県尾道市へ!