尾道正家 | 三原正家

天平時代から千三百年つづく尾道の旧家其阿彌家。備後三原派の刀匠や刀鍛冶に関する歴史的資料を公開している公式サイトです。

種    類 詳    細 時 代 刃長(約 cm) 茎 長 所有者又は保管場所
反り 目釘穴
御 物(ぎょぶつ) 太刀 島津家伝来
銘 正家
鎌倉 71.2 --- 宮内庁三の丸尚蔵館
2.8 2
御 物(ぎょぶつ)
  調査中
刀 毛利家伝来
銘 正家
--- --- --- ---------------
--- ---
種    類 詳    細 時 代 刃長(約 cm) 茎 長 所有者又は保管場所
反り 目釘穴
国の重要文化財 ① 太刀 浅野家伝来
金象嵌銘(本阿弥光徳) 大三原
南北朝 80.9 --- 東京国立博物館
1.2 2
国の重要文化財 ② 太刀 毛抜形太刀
銘 備州尾道五阿弥長行
室町後期 60.0 21.1 岡山県立博物館
2.6 1
国の重要文化財 ③ 太刀 毛抜形太刀
銘 備州尾道五阿弥長行
室町後期 60.6 21.1 岡山県立博物館
2.2 1
国の重要文化財 ④ 太刀 毛抜形太刀
銘 正光
南北朝 61.4 20.2 岡山県立博物館
2.3 1
国の重要文化財 ⑤ 太刀 毛抜形太刀
銘 正光
南北朝 61.4 20.2 岡山県立博物館
2.2 1
国の重要文化財 ⑥ 太刀
銘 備州住兼重作
南北朝 93.8 27.8 ニ荒山神社
3.03 1
国の重要文化財 ⑦ 太刀 大太刀
銘 備後国住人行吉作
南北朝 142.4 --- 厳島神社
7.0 1
種    類 詳    細 時 代 刃長(約 cm) 茎 長 所有者又は保管場所
反り 目釘穴
国の重要美術品 ① 太刀
銘 備州住應安」 以上切
室町前期 二尺四寸二分 --- ---------------
---
国の重要美術品 ② 太刀
銘 備州住正家作
------ 二尺四寸四分強 --- ---------------
--- ---
国の重要美術品 ③
金象嵌銘 正家磨上光徳(花押)
------ 二尺八分 --- ---------------
---
国の重要美術品 ④
伊達家伝来金象嵌銘 正家
推定3000万円
南北朝 二尺三寸五分 七寸 個人蔵
七分
国の重要美術品 ⑤
無銘 伝正家
------ 二尺三寸四分 --- 旧 徳川家達(いえさと
---
国の重要美術品 ⑥ 太刀
銘 備州住正廣
------ 二尺三寸六分 --- ---------------
---
国の重要美術品 ⑦ 太刀
銘 備後住正」 伝正廣
鎌 倉 二尺二寸八分 五寸五分 旧 近衛文麿(近衛家)
現 (財) 陽明文庫
八分
国の重要美術品 ⑧ 太刀
銘 備後国住
------ 二尺三寸六分 --- ---------------
--- ---
国の重要美術品 ⑨ 太刀
銘 備州住正廣作
------ 二尺三寸五分 --- ---------------
---
国の重要美術品 ⑩ 太刀
銘 備州住正廣作
推定2350万円
南北朝 二尺六寸七分 --- ---------------
---
国の重要美術品 ⑪ 太刀
銘 備州住正廣
------ 二尺三寸四分八厘 --- ---------------
---
国の重要美術品 ⑫ 太刀
銘 正廣
------ 二尺三寸 --- ---------------
--- ---
国の重要美術品 ⑬
無銘 伝三原正広
------ 二尺三寸五分 --- ---------------
---
国の重要美術品 ⑭ 刀 蜂須賀家伝来
無銘 伝三原
------ 二尺二寸五分五厘 --- ---------------
---
国の重要美術品 ⑮ 刀 庄内藩主酒井家伝来
無銘 伝三原
------ 二尺三寸五厘 --- ---------------
---
種    類 詳    細 時 代 刃長(約 cm) 茎 長 所有者又は保管場所
反り 目釘穴
その他 ①
朱銘「三原」
第八代将軍 徳川吉宗の御刀
鎌倉~
南北朝
70.9 19.4 江戸東京博物館
1.8 2
その他 ② 太刀
銘 正家
第十一代将軍 徳川家斉の御太刀
鎌 倉 48.1 19.1 徳川美術館
1.2 3
その他 ③
金象嵌銘「三原」【本阿弥光忠】
第九代将軍 徳川家重の御刀
南北朝 50.0 20.9 徳川美術館
1.9 3
その他 ④ 小サ刀(脇差)
無銘 貝三原
室 町 53.3 13.6 徳川美術館
1.2 2
その他 ⑤
無銘 木梨三原
尾張徳川家八代宗勝 所持
室 町 49.9 15.4 徳川美術館
0.6 2
その他 ⑥ 脇差
無銘 三原
松平通温 所持
室 町 34.5 13.3 徳川美術館
0.6 2
その他 ⑦
磨上追銘(すりあげおいめい) 正家
鎌 倉 56.7 18.4 徳川美術館
1.8 3
その他 ⑧
金象嵌銘「松平武蔵守利隆用之」
姫路藩主池田利隆 所持
南北朝 70.2 --- 東京国立博物館
2.6 2
(内1箇 忍穴)
その他 ⑨ 打刀(脇指)
無銘  伝 三原
毛利元就 所用(細直刃でやや短めな実践重視の刀)
室 町 49.0 12.9 毛利博物館
山口県指定文化財
1.1 3
その他 ⑩ 太刀
無銘  伝 三原
豊臣秀吉の御太刀
南北朝 71.9 19.2 長野市立真田宝物館
長野県宝
2.1 3
その他 ⑪ 脇差
無銘  伝 三原政廣
毛利隆元 奉納
室 町 46.3 11.6 厳島神社
1.2 1
その他 ⑫ 太刀
無銘  伝 三原
彦根藩主井伊家二代直孝の指料
鎌 倉 70.2 1.6 彦根城博物館
18.5 2
その他 ⑬
金象嵌銘「三原」
平成7年頃に献納されたもので、元々は太刀ですが擦上げて刀に なっています
南北朝 74.2 20.6 熱田神宮宝物館
2.2 3
その他 ⑭
細川幽斎伝来
無銘 伝三原 名物鯰尾(なまずお)三原
【鞘書】幽斎公御剱 鯰尾三原
鎌倉~
南北朝
67.6 --- ---------------
--- 3
その他 ⑮ 脇差
伝細川幽斎所用
大摺上無銘三原作
【桐箱の墨書】藤孝公
南北朝~
室町初期
59.1 --- 熊本県立美術館
0.9 1

注意 :
保管場所に所蔵されている太刀、刀剣は、保管場所の都合により常時見学できるとは限りません。なお、数字は、概算です。

其阿彌秀文調べ 2009年(平成21年)1月1日~現在 

豊臣秀吉の時代から金象嵌【きんぞうがん】の銘は、本来の銘があった太刀を大磨上【おおすりあ】げして銘が切り落とされた茎【なかご】に鑑定銘を入れる際に用いられた方法で、生ぶ茎が残っている場合は、朱書の銘(朱銘という)にするという決まりがあります