尾道正家 | 三原正家

天平時代から千三百年つづく尾道の旧家其阿彌家。備後三原派の刀匠や刀鍛冶に関する歴史的資料を公開している公式サイトです。

六代正家と尾道

-其阿弥の法名を賜ってから700年-こう

 常祥寺は、ぎょうしんきょうしょうにんの開基と伝えられる時宗寺院です。
 三原鍛冶の祖とうた われた備後鍛冶六代正家が、正和2年(1313年)4月15日に真教上人から其阿弥の法名を たまわったのがこの辺りとされています。しかし、その後、六代正家の後裔と常称寺とは関係がなくなっていきました。
 現在の常称寺の面積は、鉄道、道路などの建設によりかつての数分の1になっています。

-住所 尾道市西久保町-

時宗の二祖真教上人が諸国巡錫中、尾道にとどまって念仏弘通につとめている際、正和2年(1313年)4月15日、霊夢に感じてその地に繁茂していた榧【かや】の大木をもって一堂を建立しました これが、常称寺です