尾道正家 | 三原正家

天平時代から千三百年つづく尾道の旧家其阿彌家。備後三原派の刀匠や刀鍛冶に関する歴史的資料を公開している公式サイトです。

かんもんすかしつば

違い鷹の羽(広島 浅野家家紋) 扇面 柏にわらび手 備後国 江戸中期 鉄地真丸形毛彫布目象篏 縦横80mm 切羽台厚さ5.7mm

厚手の鉄地を真丸形に造り込み、文様化した家紋を陰陽の地透とし、その表面に金と銀の平目地を真砂の如く布目象篏した、備後国尾道、三原に居住した其阿弥(其阿弥、ごあみ)の華やかな在銘作品です。金色が一層強く鮮やかに感じられるよう、金の粒子の間には深味のある黒色の銀粒が同じ手法で散らされています。また、図柄として、昔の武家には表家紋と裏家紋があり、その家紋を意匠したものと思われます。