尾道正家 | 三原正家

天平時代から千三百年つづく尾道の旧家其阿彌家。備後三原派の刀匠や刀鍛冶に関する歴史的資料を公開している公式サイトです。

作 品 名 時 代 縦×横(cm) 保管場所
/所有者
意  匠
かみなりもんすかしぞうがんつば
雷文透象嵌鐔 江戸時代・
18世紀
8.3×8.15 東京国立博物館 雷文を透彫にして、地に七宝・亀甲文などの文様を布目象嵌で表わしています。
其阿弥 作
たまうさぎすかしつば
玉 兎 透 鐔 江戸時代・
19世紀
8.0×8.0 東京国立博物館 兎文を透彫にしています。
「玉兎」とは月で餅をつく兎のことです。
其阿弥正比 作

注意 : 保管場所に所蔵されている鐔は、保管場所の都合により常時見学できるとは限りません

其阿彌秀文調べ2010年(平成22年)1月1日 現在