尾道正家 | 三原正家

天平時代から千三百年つづく尾道の旧家其阿彌家。備後三原派の刀匠や刀鍛冶に関する歴史的資料を公開している公式サイトです。

小瀬甫庵 著 寛永二年 太閤記 巻二十二 秀吉公御遺物、於加賀大納言利家卿 館被下覚、如帳面写之〈三原刀抜粋〉 一 大三原 浅野左京大夫 一 三原 小川土佐守 一 三原 遠藤但馬守 一 三原 木下美作守

小瀬甫庵は、加賀藩3代藩主前田利常に招かれ、寛永1年(1624年)に加賀藩に侍医として仕えました そこで、『太閤記』(豊臣秀吉一代記)を書き上げました 寛永2年(1625年)完成、翌年刊行